XMとXMtradingとXMGlobalの違いを解説

FX

「XM」と「XM Trading」と「XM Global」は、共にXMグループが提供しているFX取引のブランド名で、それぞれが異なる特色とサービスを持っています。

「XM」はよく間違って会社名と捉えられますが、それ自体は商標またはブランド名であり、企業が提供するFX取引サービスを指すものです。

一方、「XM Trading」と「XM Global」もXMグループが運営するFX取引ブランドの一つで、特筆すべきは「XM」と略されることが多いですが、全てのサービスがまったく同じというわけではありません。

これら3つの主要な違いは、提供している金融ライセンスが異なります。これは各国の金融監督庁からの許可が異なるため、サービス内容に細かな違いが現れます。それに、日本語サポートを提供するのは主に「XM Trading(Tradexfin Limited)」である点です。

取引プラットフォームの選択をする際には、自身のニーズに適したサービスが提供されているかを考え、比較検討することが重要です。

XMの特大ボーナスキャンペーン開催中‼️
XMtradingの口座開設用URL

海外FXトレーディングを始めるなら、圧倒的な人気と信頼を誇るXMのスタンダード口座が最適な選択です!

「XM」は2010年の創業以来、その実績と信頼性で日本のトレーダーから一貫して高い評価を受けてきており、そのシェアは日本市場で圧倒的なNo.1を誇ります。

その取引量は世界ランキングでもTOP10に入るほどで、これによりXMは他の海外FX業者と比べても、ユーザーに安心と信頼を提供することができます。

XMでは、1/31までの期間限定で新規口座開設者に13000円分トレードボーナスをプレゼント中です。

つまり、今なら8万円入金すると、新規口座開設ボーナス13000円分トレードボーナス➕8万円➕8万分トレードボーナスで、合計17万3000円からトレードを始められます‼️

つまり、入金額の2倍以上から余裕を持ってトレードを開始できます。

つまり、10万円入金したと仮定した場合、10万円➕20%ボーナス🟰12万円

としてトレードを始められます。

華麗に新たな年が開幕したこの瞬間、注目のFX業者XMTradingが、特別企画「XMTradingお年玉プロモ2024」を2024年の1月3日から開始します。一年の最初の出来事を、たっぷりの総額100,000ドル(約1,400万円)の賞金と共に祝い、新たな一歩を踏み出すお手伝いをしませんか? 

この大規模な抽選プログラムは、日本の伝統、おみくじを思わせる三段階に分かれた賞金機会が特徴的です。最高では$3,000が当たります。大吉を引き当てれば選ばれた10名に$3,000、中吉なら20名に$1,500、小吉に選ばれた方でも70名が$600獲得。合計で100名様がこれら出金可能な現金賞金を手にできます。 

これらのお年玉を受け取るための条件も大変シンプルです。プロモーション期間中に、XMTradingの認証済み口座を保持し、その口座残高が$300(他通貨では同等額)以上であればOK。更にFX/Gold/Silverにおいて50万通貨を超える取引を行うことで、初めての抽選エントリー券が獲得可能となります。2ロットごとの追加取引により、更なるエントリー券が一枚ずつ追加できます。 

新年の序盤を、XMTradingと共に最高のスタートで飾りましょう。当選の可能性に胸躍らせながら、一年の始まりを迎えてください。誰もがワクワクするような新しい年の始まりを、賞金を獲得する希望を胸に、一緒に迎えましょう。賞金獲得を信じて、2024年を最良のスタートにしてください!

口座開設ボーナスをはじめ、その他ボーナス全てを受け取れるスタンダード/マイクロ口座について徹底解説❗️
更に、KIWAMI極口座についても余す所なく解説した記事があります👇

XMtrading、XM Global、XMの違い

XMグループは、幅広い地域に対応するために、XMTrading、XM Global、XMという3つのブランドを展開しています。XMTradingは主に日本の市場に注力し、XM Globalは日本を除くアジア地域に特化、そしてXMは欧州市場に焦点を置いています。

XMグループが3つのブランドを運営する背景には、各国や地域の法規制に対応したサービス提供を目指すという目的があります。

それぞれのブランドは、それぞれの市場が要求する特別な要件を満たすために設立されたのです。

この戦略を通じて、同社は地域ごとの独特のニーズに対応しつつ、同時に様々な規制に適応しています。

かつてXMは単一のブランドとして運営されていましたが、異なる法域における法律や規制の遵守を追求するために、そのサービスを3つのブランドに分割することにしました。

これにより各ブランドは自分たちの地域で業界の最高の業務慣行を提供し、その地域の取引者に対して信頼性と安全性を保証することが可能となったのです。

その結果、XMTradingは日本の顧客に最適化されたサービスを約束します。

XM Globalは一方で、日本以外のアジアの市場に焦点を当て、その地域特有の需給を満たすために特化したサービスを提供しています。

そしてXMは、欧州における独自の法制度と規制体制に対応しつつ欧州市場に特化したサービスを提供することを実現しています。

この3つのブランドは同じXMグループの一部であり、それぞれが信頼性と品質において最高の基準を維持しています。

顧客はそれぞれの地域特性や法規制体制に最適化された、これらのブランドからのサービスを選ぶことができます。

     \13000円を今すぐget/

運営元の違い

・XMtradingはTradexfin Limited(会社名)

・XM GlobalはXM Global Limited

・XM.comはTrading Holdings Ltd.(本社)

所在地の違い

・XMtradingはセーシェル

・XM Globalはベリーズ

・XM.comはキプロス

保有しているライセンスの違い

・XMtradingはFSA(セーシェル金融庁)

・XM GlobalはIFSC・DFSA・ASIC・CySec

・XM.comはCySec

どのライセンスもしっかりとした基準があり、国際的に認められているので、安全性には問題ありません。

XMは日本での金融ライセンスがないからといって危険というわけではありません。

むしろ、海外FX会社の中では、日本での人気がNo.1であり、出金拒否の心配もなく、1番安全に使えます。

ユーザーの対象国

・XMtradingは日本、つまり、日本人は『XMtrading』でしかトレードできません。

・XM Globalはアジア諸国です。日本に現在住んでいないアジア諸国在住の人は、『XM Global』でしかトレードできません。

・XM.comはヨーロッパ圏の欧州諸国の人達を対象にしています。しかし、最大レバレッジが30倍しかないので、正直全然稼げません。

口座開設ボーナスの比較

・XMtradingはあります。

・XM Globalはあります。

・XM.comはもらえないです。

入金ボーナスの比較

・XMtradingはもらえます。

・XM Globalはもらえます。

・XM.comはもらえないです。

XM、XMtrading、XMglobalの3つに分離することになった原因

金融ライセンスと所在地の違いにより、XMは三つの異なる会社、XM・XMTrading・XMGlobalとして運営されています。

この分割の裏には、それぞれの会社が対象とする国や地域の法律・規制への対応が求められたからです。

それぞれの地域が具体的にどのような規制をもたらしたのかを見てみましょう。

ヨーロッパでは、2018年にESMA(欧州証券市場監督局)がレバレッジ規制を設け、その目的は個人投資家を守ることにありました。

これにより、ヨーロッパに住む者に対してはレバレッジが制限されることとなったのです。

一方、日本では金融庁がキプロス金融庁に介入し、キプロスにライセンスを持つXMに対して日本人への勧誘を控えるよう指示しました。

この結果、キプロスでの営業が困難となり、XMは規制が比較的緩やかなセーシェルライセンスを取得し、日本の顧客に対してサービスを提供する経路を選択しました。

このような各地域の法律・規制を受けて、XMは三つの会社に分割する形を選んだわけです。

金融ライセンスについてcheck☑️

金融ライセンスを取得しているかどうかは、FX業者の信頼性を判断するための重要な基準です。確かに、金融ライセンスを全く持たない業者は避けるべきです。しかし、「金融庁の認可を取得していない海外FX業者=信頼性がない」という図式は必ずしも正確ではありません。海外FX業者であっても、金融ライセンスを持っていれば一定の信頼性が保証されます。

それらのライセンスは、各地域の金融庁などが発行する許可証で、その取得条件や難易度は地域によって大きく異なります。特に、取得が厳しい地域のライセンスを持つFX業者は、その信頼性がさらに強調されます。

だからと言って、「海外FX業者は日本の金融庁の認可を得ていないことが多い」という事実を無視してはなりません。その主な理由は、海外FX業者が自社の強みである高レバレッジなどの特性に制約が生じ、その特性を活かすことが難しくなるからです。

ですので、安心して取引を行うためには、FX業者がどのような金融ライセンスを持っているかを検討し、それに基づいて信頼性を判断することが重要となります。この視点から業者選びを行うことで、より安全な取引を実現できるでしょう。

     \13000円を今すぐget/

XMtradingだけがレバレッジ1000倍の取引や100%入金ボーナスが適用されている

XMブランドは、その多様性から各々が特異な特徴を持っています。その中でも特に注目すべきは、XMtradingです。XMtradingは、完全な日本語対応を行っている唯一のXMブランドとなっており、日本の投資家には特に便利です。日本人スタッフによるフルタイムのカスタマーサポートが設けられており、あらゆる疑問や問題に対して、即座に日本語で対応が受けられます。これにより、言葉の壁からくる不便さを感じることなく、安心して取引に集中することが可能となります。

さらに、ユーザーフレンドリーな日本語対応の公式サイトが整備されているため、初心者でもスムーズに操作することが可能です。取引の基本から、各種サービスの詳細、さらには最新の市場情報まで、多岐にわたる情報が日本語で提供されています。そのため、ユーザーはXMtradingを通じて、様々な情報を得ながら投資知識を深めることができます。

さて、XMtradingの特徴的なサービスに注目してみましょう。その中でも特に注目されるのが、1000倍の極めて高いレバレッジと、100%の入金ボーナスです。これらの魅力を活かすことで、大きな収益を目指すことが可能となります。

XMtradingは業界において非常に重要な位置を占めるXMブランドの一部で、XMグループ内でより新しい形態として展開されてきました。XMブランドは先駆的に日本語対応を行い、その後続としてXMtradingが誕生したのです。

「XM(XMtrading)」:名前の変遷と全日本語サービスへのシフトがもたらした取引体験の一元化

XMが先行して日本市場に対応していた結果、日本に生活するトレーダー達は、XMというブランドを用いて今日XMtradingで享受できるものと同じ取引環境及び条件下で、彼らの取引活動を進めていました。XMのサービスがそのままの形でXMtradingに引き継がれたため、Tradersはこれと同様の取引環境を享受しつつ活動を続けてきたのです。

その過程で、XMという名称は非常に利便性の高い、わかりやすい表現としてユーザーの間で広く認知され、その結果、XMという名前をXMtradingに対して使う人々が非常に多く存在しています。

このような状況を考慮に入れると、私たちはXMの本来のブランド名であるXMと、新たな全日本語サービスとしてのXMtradingそれぞれの表現をまとめ、すなわち「XM(XMtrading)」という形の表記法を採用しています。これにより、ユーザーたちは旧来のXMの名称と新たなXMtradingのサービスを一元化した認識を持つことができ、情報の理解がよりスムーズとなります。

     \13000円を今すぐget/

XM GlobalとXMTrading:ボーナス対応の違いと適用口座形式の理解

まず重要な注意点として、特定の口座形態であるXM Globalのゼロ口座(ZERO口座)はボーナスに対応していない点をお伝えします。ボーナスの存在は投資活動を強化し、投資機会をより豊富にする重要な要素ですが、このZERO口座ではボーナスの対象外となっています。したがって、ゼロ口座を利用する際は、ボーナスを利用できない点を十分に理解していただく必要があります。

次に、他の口座形式について言えば、XM Globalはスタンダード口座とマイクロ口座の両方で、入金ボーナスやXMP対応が可能です。これにより、Tradersは各口座で特別なボーナスやプロモーションを享受することができます。つまり、XM Globalでは取引を行うトレーダーは、より多くの特典を獲得するチャンスが用意されているのです。

さらに、XM GlobalとXMTradingの間では、提供されるボーナスプロモーションは全く同じであることを明確にしたいと思います。すなわち、XM Globalでも、XMTradingでも同様の口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤリティプログラムを享受できるのです。

最後に、XM.comについては、ボーナスキャンペーンの存在がない点を覚えておいてください。

XMのハイレバレッジと日本市場進出:取引特性と規制のバランスの探求

日本国内のFX業者達は規制により、最大で25倍のレバレッジを提供することが許可されています。それは平等に全業者に適応されており、これを超えるレバレッジを提供することは違法とされています。

一方で、XMはまったく異なる対策を取っています。なんと1000倍という、国内業者とは比較にならないほど高いレバレッジを提供しています。これはリスクとリターンを大きく増加させ、より大きな利益を獲得するチャンスを提供しますが、同時に大きな損失を生む可能性もあります。

ここで問題となるのは、もしXMが日本のライセンスを取得した場合、そのレバレッジの高さを維持することが困難となる可能性があります。取引ルールや規制は地域により異なり、通常はライセンスを取得した国の規制に準拠しなくてはならず、日本では最高レバレッジが25倍に制限されています。

つまり、XMが日本のライセンスを取得すると、自社のハイレバレッジ取引の特性を維持することが難しくなり、それがXMの強みであるユーザーにとっては大きな損失となり得ます。この結果、XMが現地のライセンスを取得して日本市場に進出する決断は、サービスの特性と規制のバランスを見つけることが重要という事実を強調します。

     \13000円を今すぐget/

XMのゼロカットシステムと日本法制度:日本のFX投資家が知るべき重要な考慮事項

XMでは、ユーザーの口座残高がマイナス(負の値)になった場合でも、口座残高を0円に自動調整するメカニズム、いわゆるゼロカットシステムを導入しています。これはユーザーが予期せぬ大損失を被るリスクを防ぐ大変有益な仕組みです。

しかし、日本の法律ではこのようなシステムの導入は認められていません。FX業者が顧客の損失を補填し、口座残高をリセットする行為は、現状の法律制度下では禁じられています。

仮にXMが日本のライセンスを取得した場合、この規制に適合しなければならず、ゼロカットシステムは利用できなくなります。結果として、投資家に対して追証(追加の証拠金の拠出)を要求することが必要になるかもしれません。

したがって、XMの顧客保護の考え方は、日本の法制度とは整合性がないため、現状では日本でのライセンス取得を行っていないと考えられます。この点は、XMのサービス利用を考える日本の投資家にとって、重要な考慮点となるでしょう。

XM Tradingからの収入と確定申告:適切な手続きで税務法規を守る

確定申告を行う際には、各自が従うべき税務法規について理解し、適正な税金を納めるための手続きを正しく行うことが非常に重要です。とくに、XM Tradingを用いての取引で利益を得た場合、以下のような具体的な記載が求められます。

具体的には、確定申告書の雑所得部分に、収入源となる企業の名称と所在地を明記します。XM Tradingからの収入は次のように記載するとよいでしょう。

企業名:Tradexfin Limited

所在地:F20, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles

このような適切な記載をすることで、正確な確定申告を行い、適正な額の税金を納めることが可能となります。これはXM Tradingを利用するすべての投資家が守るべき重要な手続きであり、きちんと理解しておくべき事項です。

     \13000円を今すぐget/

コメント

タイトルとURLをコピーしました